12月4

憎きセルライトをエステで除去しよう!

Categories: 未分類
0 Comments

エステ セルライト
みなさんは、セルライトというものをご存知でしょうか?
セルライトとは脂肪組織に老廃物や水分が溜まってしまい、脂肪細胞同士がくっついてしまっている状態、ようは脂肪の塊のことで、エステサロンで本格的な施術をしてもらわないと取り除けない物質です。
主に身体の二の腕、お腹、お尻、太ももにできやすく、表面がでこぼこしていると、それはセルライトがあるという証拠です。

上述のように、セルライトは自分で取り除くことが難しく、エステサロンにて施術をしてもらわないときれいになくなりません。
ですので、セルライトを除去してくれるエステサロンをご紹介します。

人気のセルライトエステランキング(http://www.xn--eckh5ci8co3upa.com/)では、セルライトを除去してくれる強い味方となるエステサロンがランキング形式で掲載されています。
各エステサロンのキャンペーンは、どれもセルライトを除去するコースばかりなので、一度行ってみるのもありですよ。

何と言っても頑固なセルライトですので、このキャンペーンを利用することは大いに効果が期待できます。

他にもサイトに掲載されているコンテンツもセルライトに関するものばかりで、とても勉強になります。
”自宅でできるセルライト除去対策”は、セルライトのある方ならぜひ目を通していただきたいものです。
完全に除去することはほぼ不可能ですが、放っておくとセルライトはどんどん悪化してしまうので、その悪化を食い止めるという意味合いでこのコンテンツは参考にしていただけたらと思います。

8月6

カラーコンタクトレンズを購入する時の注意点!

0 Comments

カラーコンタクトレンズを購入するときには、デカ目や盛れる具合を重視することも大切ですが、着色直径に注意しながら商品選びを進めましょう。まずカラーコンタクトレンズにはDIAと着色直径の2種類の大きさが存在します。

DIAとは本体そのものの大きさを表しており、メーカーが発表している数値はレンズを地面に置いた際の「両端までの長さ」になります。つまり目に入れるコンタクトレンズの大きさという意味です。逆に着色直径とはカラーの付着している部分の大きさになります。

レンズの縁にカラーが付いている商品は「DIA=着色直径」という場合もありますが、基本的には「DIA>着色直径」となります。また着色直径の大きい小さいは、私たちの黒目部分と関係してきます。日本人の黒目は12.5mmが平均だと言われていますので、瞳が細い人や黒目の小さい人が着色直径14mm以上の商品を装着してしまうと、宇宙人や魚のような違和感ある黒目となります。

「違和感」には付着しているカラーの発色度合いも関係していますので、カラーコンタクトレンズを購入する時には「着色直径」「発色度」から、ベストなアイテムを探すようにしましょう。特にハーフ系カラコンに属するアイテムは発色度も明るめなため外国人風の目にはなれますが、目の大きさによっては違和感が生まれるかもしれません。